アレクサンドリアJAPAN フォーラム
アレキサンドリア HOME

HOME > 活動の記録 > 16)多様化する世界を読み解く 暮沢 剛巳氏×清水 知子氏


16)多様化する世界を読み解く〜『多元主義』を理解するための諸書 〜

 

21世紀はグローバル化と新自由主義の進展のなかで幕開けした。世界金融危機、相次ぐテロリズム、高まる人種差別、再燃するナショナリズム、現代の複雑な情勢のなかで、世界の認識のあり方が、冷戦時代のそれから大きな更新を迫られていると言えよう。今回新たに公開されたブックガイド『「多元主義」を理解するための30冊』は、多様化する世界を読み解くために企画された。世界を共に想像し直す対話の方法について、監修者的な役割を果たした2人がそれぞれの視点から新たな認識の在り方を示していきたい。

 

暮沢 剛巳(くれさわ たけみ)

講演日: 2017年10月10日(火) 18:30〜20:00

暮沢 剛巳(くれさわ たけみ) 氏 東京工科大学デザイン学部教授

20世紀美術、デザイン研究。広範な分野にまたがる執筆活動を行なう。著書に『エクソダス』(水声社)、『自伝でわかる現代アート』(平凡社)、『大阪万博が演出した未来』(共著、青弓社)など。

清水 知子(しみず ともこ)

清水 知子(しみず ともこ) 氏 筑波大学人文社会系准教授

2010年-2011年ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員(フルブライト研究員)。著書に 『文化と暴力-揺曳するユニオンジャック』(月曜社)、『21世紀の哲学をひらく』(共著、ミネルヴァ書房)、訳書にアントニオ・ネグリ/マイケル・ハート『叛逆』(共訳、NHKブックス)など。